『リング』は邦画の中でも圧倒的な存在感が有ると思います

邦画でホラーといえば『リング』でしょう。『リング』は1988年がは初回で簡単なストーリーは呪われているビデオテープの謎を解く映画で、鈴木光司さんの小説がもとになっています。

この映画が日本のホラー映画に火を付けた作品だといっても過言ではないではないでしょう。今でも続編が出ていてアメリカでも『ザ・リング』という名前でヒットしました。

この映画で山村貞子という強力な超能力者が殺され井戸に投げ込まれて井戸から這い出てくる姿に恐怖を覚えた方も多いことでしょう。

登場人物も真田博之さん松嶋菜々子さん等多彩な俳優の皆さんが出ておられいつの間にか映画の中に吸い込まれてしまっている自分がいます。

リングはテレビ版も放映していたと思うのですが、確かテレビの方が怖かったような感じがします。外国のホラーとは一味違ったリングは邦画のホラー作品としては最高の作品なので此れからも続編を続けてほしいと思いますし、出来ればテレビでも放送してもらいたいです。